凸凹、八重歯、乱杭歯(叢生)

 

治療前

治療中

治療後


主訴:

八重歯、乱杭歯

主症状:

叢生、上顎犬歯の低位唇側転位

初診時年齢:

12歳 女性

治療期間:

2年2ヶ月

治療費:

矯正料 65万円  調整料 5,000円 X 24 回

治療内容:

上下顎4本の小臼歯を抜歯して、マルチブラケット装置を使用して治療を行った症例。

リスク:

歯ブラシが不十分であると治療中に虫歯や歯肉炎をおこし、治療期間も余計にかかることがある。また、歯肉が退縮してすき間が残ることもある。装置撤去後に保定装置をきちんと使用しないと後戻りを起こす。治療後に親知らずを抜かずにいると歯並びが乱れたり、奥歯の根が傷むことがある。