矯正治療を成功させるために

スムーズに治療を進めるため、次のきまりを守ってください。

食べたら必ず歯をみがく

毎食後きれいに歯をみがける人は、治療中に虫歯は歯ぐきの病気にかかる心配がない
ので、治療がどんどん進みます。

装置をよく使う

ヘッドギアー、プレート、ゴム輪などのとりはずせる装置は使わないと効果がでません。
よく使えば歯はどんどん動き、顎の成長も調整できるので治療が早く進みます。

通院の約束を守る

約束の日や時間を守らないと、歯の動きや顎の成長の調整がうまくいかないので治療が
遅れてしまいます。もし都合で約束の日や時間に行けないときは、早めに次の約束を
しましょう。

矯正装置がはずれても油断しない

矯正装置がはずれても、矯正治療は終わりではありません。装置をはずしてそのままに
しておくと、歯は元の位置に戻ろうとする傾向があります(あともどり)。
そこで、あともどりを防ぐために保定装置(リテーナー)を1〜2年、場合によっては3〜4年
はめます。やっと長い治療が終わったのにとおもうかもしれませんが、今までの努力を
むだにしないように最後までがんばりましょう。

  
  

Copyright FUKAWA ORTHODONTIC OFFICE All rights reserved.