矯正治療の進め方

  
矯正治療についての相談 すてきな笑顔のために

時期が早い場合は定期観察を行います。

治療開始時期及び治療期間と通院
精密検査

レントゲン、歯型、写真などの資料を作成します。

不正咬合の種類
不正咬合による障害
不正咬合の原因
診断及び治療方針の説明

費用・支払方法のご相談もあわせて行います。

矯正装置の準備と歯磨きの仕方の指導
矯正装置の装着(治療開始)

以後、3〜4週間に一度来院して装置の調整を行ないます。(数年間)

保定治療開始

歯並びや咬み合わせがよくなると、矯正装置をはずしてその状態を保つために
保定装置(リテーナー)をはめ、3〜6ヶ月に一度の間隔で1〜2年通院します。

  

Copyright FUKAWA ORTHODONTIC OFFICE All rights reserved.