治療開始時期および治療期間と通院

歯ならびの状態によって最適な開始時期は異なります。まだ乳歯時期でもできるだけ早期に治療
しなければならない場合もありますし、全部永久歯に生え変わってから一度に治療を行う方がよい
場合もあります。したがって、歯ならびがおかしいと気付いたら、すぐに矯正専門医に相談するのが最良の方法といえます。

また、大人でも矯正治療は可能で、装置もセラミックなどの目立たない物が開発されてきています。

金属製矯正装置

セラミック製矯正装置1 セラミック製矯正装置2

金属製矯正装置

セラミック製矯正装置

治療期間は不正の程度により個人差がありますが、1年半から2年半位要する人が多く、その間、1ヶ月(3〜4週間)に一度の通院で十分です。また、永久歯の生え変わりを観察したり、治療後の経過観察の場合は3〜6ヶ月に一度位通院すればよいのです。


Copyright FUKAWA ORTHODONTIC OFFICE All rights reserved.