不正咬合の原因

不正咬合の原因はいろいろありますが、大きく分けて先天的(生まれつき)なものと後天的のもの
があります。
先天的なものとしては、歯の数や形あるいは上唇のすじ(上唇小帯)や舌のすじ(舌小帯)の異常、唇顎口蓋裂(みつくち)のような先天的疾患や遺伝的などがあります。上唇小帯の異常はすきっ歯(正中離開)を、舌小帯の異常は開咬を引き起こすことがあります。また、最近は硬いものをあまり食べないので顎が退化する傾向にあり、そのために歯が並びきらず、乱杭歯になる子供が増えているとも言われています。

後天的な原因も様々ですが、中には我々が普段注意すれば防げるものもあります。
たとえば、乳歯が虫歯などによって早く抜かれてしまった場合、後ろの歯は前へ移動する性質があるため、これからはえようとする永久歯のはえるすき間がなくなり、乱杭歯や八重歯になってしまいます。反対に正常な歯の交換期を過ぎても乳歯が抜けずに残っていると、後ろからはえる永久歯が他の場所にはえざるを得なくなり、やはり叢生をおこします。

子供の指しゃぶりは2歳頃までは特に異常とは言えませんが、幼稚園や小学校に入っても続けていると上顎前突や開咬の原因になります。唇や衣類を咬む癖なども同様な不正咬合を引き起こします。また、つばを飲み込む時やしゃべる時に舌を突き出す癖も開咬の原因になります。このような幼児期や学童期の口のまわりに関係する癖は見過ごされやすいものですが、子供の精神発達面からも常日頃監視すべきものと言えます。

また、鼻づまりや扁桃腺・アデノイドの肥大のため、いつも口をあけていると上顎前突や開咬になることもありますので、耳鼻科的疾患も見逃すことはできません。

この他、乳児期に顔や口元を強くぶつけたりした場合、永久歯の根が曲がったり、変な場所にねじれてはえてきたり、逆に骨の中にもぐったままはえてこないこともあります。

大きな前歯 余分な前歯
上唇小帯の異常による正中離開 舌小帯の異常
乱杭歯(歯があごより大きい) 乱杭歯(乳歯がはやく抜かれてしまった)
唇顎口蓋裂(みつくち) 指しゃぶりによる開咬
打撲による歯の位置異常

Copyright FUKAWA ORTHODONTIC OFFICE All rights reserved.